MG研修とは

40年間で80万人が受講している研修

 

マネジメントゲームMG(MG研修)は、40年前にソニーが開発した経営者育成研修です。
現在までに大手企業を中心に4,000社、80万人が受講しており、海外にも展開されています。
米国、韓国には早くから進出し、最近では中国や東南アジアでも注目されてきています。
( ※ソニーが開発したマネジメントゲームMGの著作権をはじめとする一切の知的財産権はマネジメント・カレッジ株式会社が保有します。)

 

1976年、当時まだベンチャー企業だったソニーが、エンジニアにマネジメントのノウハウを短期間で、
面白く体得させるためにはどうすればいいか?を考えぬき、社内研修用に創りあげた研修です。

元々ソニーの社内用の研修でしたが、非常に高い評価を受けて、社外に提供するようになりました。

 

ソフトバンクの孫正義社長は、ソフトバンク創業直前にマネジメントゲームMG研修と出会い
「強烈な勉強になった」と振り返っており、この研修の愛好者として知られています。
自身でも100期以上を受講し、かつ、ソフトバンクの幹部層全員に毎年のように受講させています。

 

ソニーが開発した経営者研修

ソニーが1976年(昭和51年)に開発したビジネスゲーム(経営シミュレーション)タイプの大変ユニークな社員研修プログラムです。
累計80万人が受講している経営戦略研修です。

新入社員でも決算書が書けるようになります

このMG研修は何度も繰り返し受講しながら、どんどん学べることが増える研修です。体験して、そこから気づけることは、どんどん変わっていきます。
参加後、どんな方でも最後には「決算書が書ける」ようになります。

助成金活用で実質無料で受講も

実質無料で受講可能に!
面倒な手続きも事務局提携の社労士が代行いたします。是非、社員の皆さんにMG研修を受講させてあげてください。詳細は遠慮なくお問い合わせください。

体験学習で、自ら気づく

マネジメントゲームMG研修の一番大きな特徴は、「ゲームを通じた」「経営体験」ができることです。
ボードゲームを活用して実際の経営を体験し、擬似的に様々な企業経営経験を積めます。 「体験」することで、「自ら気づく」こと、そして「課題を認識する」ことができます。
とあるアンケートでは「今一番求められている人材は起業経験者」というものがあります。十分理解できます。
一方で、その起業経験者はおそらくは「会社を倒産・精算」したことがある人間だと言い換えられます(成功して企業売却をしたという方もいらっしゃると思いますが、統計上はごく少数だと思われます)。
MG研修は、そんな倒産という人生のリスクを負うこと無く「起業経験」を積むことができます。

最後には決算書が「書ける」

経営者であれば、日々の意思決定に活かすことが可能ですし、中間管理職であれば自分の組織へブレークダウンして、 様々な数値に落とし込みマネジメントに活かすことができます。
さらに言えば、社会人としての経験がない新入社員や学生であっても、自らの体験から気づきを得ることはできます。
実際に、多くの企業が新入社員研修の一環として(あの有名な(株)武蔵野さんなども)、マネジメントゲームMG研修を取り入れています。
自らの経験値やスキルが上がると、体験から気づけることは、どんどん変わっていきます。
参加後、どんな方でも最後には「決算書が書ける」ようになります。「読めるではなく書ける」です。期待してください。

MG研修の流れ

MG研修はどんな流れで進むのか写真を交えて順にご紹介します。
是非参考にして下さい!!

①全員揃いました!
②始まりました。
③1時間ほどで1期分終了。
④2期目になると多少の余裕も。
⑤成績は毎期ごとに書き出していきます。
⑥こうして一日は過ぎて行きました。

受講者さんの声

無料体験会

2017年9月7日

「マネジメントゲーム(MG研修)」無料体験会
開催時間 / 13:30~17:00 (受付13:00~)
会場 / 東京都渋谷区渋谷2-15-1
渋谷クロスタワー32F
定員 6名まで

このセミナーは終了しました。